九州緩和ケア研究会で当院院長がコメンテーターとして参加しました。(2017年3月)

九州緩和ケア研究会 第2回学術集会 平成29年3月18日(土)開催 シンポジウムⅠ 「地域連携のバリアを考える~どうしてる?オピオイド持続注射継続の転院・退院~」

当院院長が「多様な住まいの場における看取り支援事業」で講演をしました。(2017年2月)

~皆さん、最期はどこで迎えたいですか?~多様な住まいでの医療の関わり 超高齢社会を迎え、これからは自宅や多様な施設など、住み慣れた場所でいつも通りに最期まで過ごすことが幸せな逝き方かもしれません。 最期をどこでどのように …

エンシュア・Hを使った食支援に関するセミナーを開催しました

8月25日(木)Abott(アボット)様によるライブセミナーを当院にて開催しました。 急な案内だったにも関わらず、約20名の医療関係者の方々にご参加いただきました。 ライブセミナー内容 「在宅療養サポートチーム(hST) …

看護がつなぐ地域包括ケアフォーラムin熊本にて当院院長がパネリストとして参加しました。

高齢者を支える地域包括ケアの推進や看護師の役割の重要性などについて考える「看護がつなぐ地域包括ケアフォーラムin熊本」が平成28年1月9日熊本県立劇場で開かれ、当院院長がパネリストとして参加しました。 看護がつなぐ地域包 …

「フォーラムがんと生きる in 熊本」がNHK熊本で6月6日放映されます。

4月11日に市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)で開催された「フォーラム がんと生きる~こころとからだ 私らしく」が、NHK熊本放送局総合テレビで再放映されます。当院院長もパネラーとして参加しています。在宅医療に興味の …

当院院長がフォーラム「がんと生きる in 熊本」にパネラーとして参加しました。

フォーラム「がんと生きる ~こころとからだ わたしらしく~」が4月11日に崇城大学ホールで開催され、当院院長も在宅医療に直接携わる医師の立場でパネラーとして参加しました。 フォーラム「がんと生きる ~こころとからだ わた …

あらためてのおしらせです (2012年1月)

この4月で、新築移転してから1年となりますが、車のナビやインターネット上の地図ではまだまだ前の住所地が示されてしまい、そちらに向かわれる方もまだまだいらっしゃいます。大変ご迷惑おかけしています。現在のクリニックは流通団地 …