今年度最終の『訪問看護師等研修会』を開催しました。

11/21最終は当院院長の後藤が「アドバンス・ケア・プランニング」について話をしました。

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)とは・・・・

今、樹木希林さんや小籔千豊さんで話題となっている『人生会議』のこと。

人生の最終段階の医療をどうするか・・・

◆ACPを進める前に注意が必要で、大きく分けて下記の2つのアプローチがあります。

①国民全体(地域住民)への普及活動

・代理決定者をきめる ・代理決定者の方に伝える(人生の最終段階の医療をどうしたいかを)等

②人生の最終段階を自分のこととして考える時期にある人へのアプローチ

・この患者さんが1年以内に亡くなるとしたら驚きますか・・・驚かないなら緩和

ケア(ACP)を開始してよい ・話のきっかけは最もよく知っている医師が始めるのがよいが、その後は職種を選ばない

***************************************

「もしも・・・」のときに、あなたはどうしたいですか。

なかなか想像がつかないかもしれませんが、人生の最終段階の医療を考えるきっかけに

「もしバナゲーム」があります。

人生の最終段階の医療「ACP」は何度でも変えることができます。

話題となっている今・・・・あなたも「人生会議」を家族や友人、知人としませんか?