~皆さん、最期はどこで迎えたいですか?~多様な住まいでの医療の関わり

超高齢社会を迎え、これからは自宅や多様な施設など、住み慣れた場所でいつも通りに最期まで過ごすことが幸せな逝き方かもしれません。
最期をどこでどのように迎えるか、選択権は患者さん本人にあります。
老いや死をしっかりと見据え、最期までその人らしくどう生きるかについて、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。