今年度、第2回目は7月17日に29名の看護師・薬剤師・ケアマネジャーの皆さんを迎え

「事例検討会」を開催しました。HP1

 

後藤院長の進行のもと、各事業所から寄せられた3つの事例について、問題点の情報交換・共有を行い、一緒に考えていく会となりました。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)・レビー小体型認知症・排便困難のケースについて、ご本人とご家族の意向に寄り添いながら、どのようにケアしていけばよいか考えていきました。

HP2

 

日ごろ直面していることに、体験談や実践方法など活発に意見が出され、

事業所や立場という垣根を越えた検討会はあっという間に1時間を超えました。

最後に、先日九州に接近した台風をふまえ、災害時の対応・体制についての情報交換も行われました。

 

次回は8月21日に予定しています。