1.まずは電話にてご相談ください。

ご相談の際には、ご質問票(PDFファイル)を(わかる範囲で)ご記入いただき、事前にFAX(096-285-3252)をお願い致します。

電話番号:096-285-3251 平日9:00~18:00(診療 9:30~17:30)

 

2.面談(ご家族だけでも可能です)

入院や通院している病院からの紹介状をご持参ください。ご希望をお聞きし、在宅医療の内容をご提案します。

入院中の場合には、病院に出向いて、打ち合わせ(退院前カンファレンス)を行います。

 

3.定期訪問の開始

面談を経て、在宅医療と料金への同意をいただいたあと、初回訪問日を決めて、訪問診療を開始いたします。

定期訪問のスケジュールはご家族と相談のうえ決めさせていただきます。定期的な診療により慢性疾患の治療、病気の早期発見・予防を行います。病状により1~2週毎の定期訪問を行います。病状に応じて毎日でも訪問できます。

 

生活を支える

地域の訪問看護ステーションや地域包括支援センター、ヘルパーステーションなどと連携し、医療だけでなく介護面においても一緒にサポートできます。

 

緊急時には

あらかじめお知らせした緊急連絡先に連絡ください。24時間365日対応いたします。病状によっては救急車を依頼することもありますが、まずは当院にご連絡ください。

 

入院が必要なときは

今までに入院されたことのある病院へのご紹介はもちろん、当院が連携する複数の病院に緊急の入院が可能です。

 

料金について

在宅医療は保険診療です。その点では一般の病院を受診される時と変わりありません。当院へお支払いいただく費用は、一般的な場合、下記の3項目になります。

  1. 医療費の自己負担分(※お薬代は別です)
  2. 交通費(距離によって規定)
  3. 介護保険利用者の方は居宅療養管理指導料

具体的なお支払い額は、保険の種類や自己負担割合により変わってきます。事前の面談の際に、およその月額をご説明します。

■費用負担分の概算

標準負担額は月2回訪問および24時間緊急体制に対する1ヶ月あたりの負担金額です。

対象 負担割合 標準負担額 負担額上限
高齢者 1割 約8,000円 18,000円
2割 約16,000円
3割 約24,000円 現役並みⅠ:  80,100円
現役並みⅡ:167,400円
現役並みⅢ:252,600円
一般 3割 約24,000円 高額医療費による返還
  • 老人ホーム等の施設に入居されている方については、上記とは異なる負担額となります。面談の際にご説明いたします。
  • 公費負担を受けられている患者様は、医療費は公費でまかなわれます。
  • 院外処方となりますので、薬剤費は別途必要です(通院の場合と同様です)。
  • 介護保険利用者の方は、居宅療養管理指導料(約500~1,000円)が必要となります。

※交通費が一回の訪問につき、2㎞まで無料、2-5㎞300円、5㎞以上500円必要です。